「成長する環境創り」で笑顔の輪を広げる
Glow and Smile
リーフェグループは
「成長意欲の高い人」が集まる会社です。

リーフェグループで働く人の成長を大切にする事が、お客様への貢献度を高めると確信しています。
それがリーフェグループの社会的な責務であると考えています。

サービス

Service
私たちリーフェグループは、「成長できる環境」を一生懸命創ります。

グループ

Group
リーフェグループの概要はこちらです

成長戦略

Strategy
リーフェグループの経営戦略、企業沿革、会社案内等はこちらです。

採用情報

Recruit
リーフェグループは、一緒に仕事をする仲間を募集しています。
Story of Life
リーフェのストーリー
あなたにとって「仕事」とは何でしょうか?

ホームページをご覧頂き、誠に有難う御座います。初めまして、私リーフェグループの代表を務める橋本将吉(まさよし)と申します。どうぞよろしくお願い致します。さて、早速ですが質問です。あなたにとって「仕事」とは何でしょうか。

一般的に、日本人の一般労働者の年間総労働時間は2030時間と言われています。言い換えますと、人生で起きている時間の約6分の1に相当する時間を、私たちは仕事に費やしているという事です。では、どうしてそんな沢山の時間を仕事に費やす必要があるのでしょうか。お金の為でしょうか。家族の為でしょうか。それとも社会貢献の為でしょうか。どれも素敵な考え方ですね。「目的を探しながら仕事をしている」という素敵な方もいらっしゃると思います。人によって色々な考え方があると思います。

EPOSODE 1
“仕事って嫌だなあ”

少しだけ私の話です。
1986年7月28日、父方はOA機器の販売業、母方は食肉製品の製造販売業を営む経営者の家系に生まれました。父は仕事柄あまり家にいる人ではありませんでしたが、日曜日にも頻繁にお客さんからの電話に駆け付けていました。そんな様子を見ながら「仕事って大変そうだな、嫌だなあ、何が楽しくて働いているんだろう」と不思議に思っていました。

一方で、母は私に勉強を強く勧めました。 「私の息子に生まれたからには、勉強は義務。義務を果たさないのであればバイバイです」と言われて育ちました。
そんな母のお陰で、私は芝高校という素敵な高校に進学する事が出来ました。そしていよいよ進路を考えなければならないという時に、当時好きだった同級生に勧められた事がきっかけで、私は医学部に進学しました。

当然6年後に医師になるという実感などはなく「人を救いたい」という強い決意のようなものもなく、それどころか「何のために働かないといけないんだろう」という疑問が強く残っていました。医学部の勉強は大変で「不純な動機で入るんじゃなかった…」と何度も悩みました。

EPOSODE 2
“答えは見つからない”
「人を救うために医師を目指した」
「卒業したら、地元に帰って恩を返す」
「研究したい病気がある」
幸いなことに、私が入学した杏林大学には、
とても素敵な考えの仲間が沢山いました。

仲間は私をさらに混乱させました。どうしてあまり考えずに進路を決めてしまったのだろう。私は医師を目指すべきではないどころか、仕事をする事さえ間違っているのではないだろうか。私は「働く意味」を見つける為、医学部在学中に様々な仕事に挑戦しました。朝はゲストハウスの清掃業、夜は飲食店のホールやキッチン、工事現場の建築作業、移転引越配送スタッフ、本屋の販売員など、思い返せばキリがありません。しかし私は「なぜ仕事をしなければならないのか」という答えを見つける事が出来ませんでした。

EPOSODE 3
“初めての月謝”

答えは見つからないまま、23歳の2011年5月23日に当社は始まりました。仕事(事業)内容は、色々な挑戦を重ねる中で、自分が一番得意に感じていた教育事業(家庭教師)でした。自分でゼロからHPを作り、秋葉原で探した格安携帯を購入し、手に入れた電話番号をチラシとホームページに載せ、大学の図書館でチラシを印刷し、朝の清掃業の行き帰りと部活動の前後で自転車を使って3000枚を自分の足で配りました。様々な仕事の経験はありましたが、自分の中では全てが緊張の連続で初めての経験でした。

そして念願の初めてのお客さんが決まった時は泣いて喜び、舞い上がった私は、運営に充てるべき大切な月謝を全て仲間に配りました。それは何か特別な思いからではなく…なんでしょうか。舞い上がっていたから、と言えばそれまでですが、恐らく仲間と一緒に成長出来た実感がそうさせたのではないかと思います。そしてその時です。私は「仕事」というものが、少しだけ嫌なものではないのかもしれないと思いました。

EPOSODE 4
“様々な仕事 様々な仲間”

それから10年。「仕事とは何か」を考え続けて、そして走り続けました。振り返ってみると、本当に色々な事がありました。様々な場所で知り合った仲間と、様々な仕事に挑戦しました。楽しい事もありましたが、辛い事の方が多かったと思います。何度も失敗し、何度も挫折し、その度に仲間に助けられて成長しました。

会社を立ち上げる前に出会っていた国立学園、芝中高、予備校、杏林の仲間や恩師にも助けられました。八雲総合病院、洪庵会、徳洲会の仲間と恩師は、医師としての私を鍛えてくれました。そしてリーフェグループの仲間達、関係者様、そしてお客様は、私にとってとてもとても大切な存在です。私の中での「仕事」という価値観は大きく変化しました。

EPOSODE 5
“自分と相手の成長を楽しむための
会社でありたい”

結局、仕事とは何でしょうか。最近になってようやくですが、答えに近づく事が出来た気がしています。仕事とは「成長するための一つの方法」なのではないでしょうか。人に喜んでもらう仕事をしようと思うと、様々な壁にぶつかります。自分の力不足、経験不足、仲間とのコミュニケーション、精神的な自分の弱さなど。時には心が折れそうになる事もあります。それを、大切な仲間と力を合わせて乗り越える事で、仲間を好きになったり、出来るようになった自分を好きになったり、自信を持てるようになったり、次に挑戦しようというモチベーションに変わったりするのではないかと思うのです。ですので、仕事とは「自分と相手の成長を楽しむもの」であり、リーフェグループはそのための場所だったら嬉しいなと強く思うのです。

EPOSODE 6
“リーフェグループのルール”

ですが「成長」という言葉は時に残酷です。成長に焦り過ぎてしまうと「自分はどうしてこんなにもダメなんだろう」と悩んでしまいますし、反対に、相手に成長を強く急かしてしまうと「申し訳ありません…」と相手が悲しい気持ちになってしまいます。ですので、リーフェグループでは「成長」という言葉を大切にしつつ、自分や相手の笑顔を大切にします。どんな場合にも、自分と相手を否定しないというルールがあります。もちろん陰口なんてもってのほかです。

EPOSODE 7
リーフェグループの
“リーフェグループの仕事と将来”

リーフェグループは「人の成長」を大切にする会社です。そして仕事は「お客様が成長できる環境を一生懸命創る事」です。様々な仕事(事業)に挑戦しながら、その挑戦で身に着けた知識や経験を活かして、さらにお客様と社会に貢献します。ですので、私達リーフェグループの使命は「成長できる環境を一生懸命創る事」としています。そして近い将来、私たちは世界で最も「成長出来ました、ありがとう」と言われる会社を目指しています。

リーフェグループは、自分と相手の成長を喜ぶ人が集まる会社です。働く仲間も、お客様も、皆で成長を楽しみたいと考えています。大変な事ばかりですが、成長はとても楽しい事だと思います。大切な人と過ごしたり、家族と過ごしたり、趣味をしたり、色々な時間の使い方があります。「仕事」という言葉は嫌われがちですが、自分と相手の成長を喜ぶ時間としての「仕事」はいかがでしょうか。

共に成長できる熱い中間を募集しています
お客様が成長できる環境を一生懸命創ります
リーフェグループ